エンタメだけで英語を勉強しよう!

好きな物と英語が結び付けば、英語は覚えられる! ということで、好きなエンタメに関したネット記事・動画等を取り上げて英語を一緒に勉強したいと思います。

ジム・キャリー Truman Showより”誰か助けて”!”誰に言ってるんだ!?”

本日はこちら。
小ネタということでもないのですが、字幕を見ながら見ていて違和感を持ったのを覚えているため。

歴史的な名作という評価でもないですが、
これは良かったという声が多く、これを下敷きにした映画も多いんじゃないかと思われる
トゥルーマン・ショーです。

主人公のトゥルーマンが自分の置かれている環境に違和感を覚えだし、
遂に奥さん(役)のメリルに迫るシーンより
www.youtube.com

1:05あたりから注目。
トゥルーマンに問い詰められ、恐怖のあまりナイフを向け抵抗するメリル。
トゥルーマンがナイフを奪い取り、メリルを脅す場面でメリルが叫びます
ここの字幕が日本語だと”誰か助けて!”でした。

それに対してトゥルーマンが”誰に言ってるんだ?どういうことだ”?と更にメリルに問い詰めます。
これ、当時「そりゃ命の危険感じてるんだから普通”誰か助けて”って言うでしょ」と思って見てましたが
よく聞いてみるとメリル英語では”Do Something"と叫んでるんですよね。
まぁ、このクリップのタイトルが”Do Something"なのでお気づきかもしれませんが笑

これ、「何とかしてよ!」って言ってるんですね。
スタッフに対して助けを求めてるのが明白なわけです。

そりゃ、トゥルーマンも奥さんが「何とかして!」って叫んだら周りに誰かいるのかと思いますよね。

これ、当時の劇場・DVDでこういう字幕でした(1998年)が、今はどうなってるのか分かりません。
当時同じシーンで「あれっ?」って思った皆さん、こういうことだったのです。

以上、英語を英語で理解して映画をもっと楽しみましょー